<はがき懸賞のポイント>

nengajyo

懸賞は、はがきで出す派の方必見!
懸賞で当たりやすいはがきの書き方をご紹介♪

ポイントをおさえて、懸賞の神に微笑んでもらいましょう(^^)

1.応募は、早めに出して正解

応募期間に応募するのは当然のことですが、
締めきりギリギリで応募するより、早めの応募がおすすめ。
なぜなら、締めきり前に、早めに抽選をしてしまうこともあるのだとか。
実際にいつ抽選するのかは、応募者には分かりませんからね~
抽選後にはがきが届くという悲しい事態をさけるためにも、早めの応募が正解!

2.応募券・バーコードの貼り忘れに注意

せっかくハガキを出しても、肝心の応募券やバーコードを貼り忘れたら、
「応募資格がない」・・・すなわち、「失格」です。
そんなの、つらーい!
当たりまえのことですが、うっかり忘れちゃうこともあるので注意!

3.必要事項を読みやすい字で書こう

必要事項の記入がないと、それだけでアウト!
ですから、当然、全必要事項があるかどうか、ご確認を!

しかし、いくら必要事項が書かれていても、
読めなければ、無効になってしまいます・・・
せっかく抽選に当たっても、他の人に当選権利が渡ってしまわないように!

4.切手を忘れずに

当然すぎますが、意外と忘れられることも

5.まとめ出しではなく、複数回にわけて応募しよう

選出されるチャンスを多くするのがポイント

6.応募先にあわせて、コメントや装飾を

ただし、機械で抽選を行うことも多いので、はがきの装飾(イラストや色付け)が無意味な場合も。
いかにもこぢんまりした会社への抽選ならば、感想や提案など、企画者の印象に残るメッセージが効果的にはたらくかもしれません!